リフォームか建替か、結局どう判断すればいい?その判断基準をご紹介

未分類

「リフォームにするか建替にするか悩む」という人は多いのではないでしょうか。

このページではリフォームにするか建替にするかについて、どう判断すればいいのか見ていきます。

リフォームか建替かの判断基準をご紹介しますので、ぜひお役立てください。

築年数で判断する

リフォームか建替か築年数で判断できます。

築年数が短い場合はリフォームを、築年数が長い場合は解体工事をして建替をしましょう。

一般的に20年を超えた頃から、建替をしようか検討する人が多いようです。

しかしこの判断は難しく、築20年で基礎がボロボロになっている家もあれば、築30年でもまだしっかりしている家もあります。

これは家を建てた業者の技術によって異なってきます。

そのため判断するのに悩む場合は、家診断士などの専門家にチェックしてもらいましょう。

耐震基準で判断する

リフォームか建替か耐震基準で判断できます。

家の耐震性が十分である場合はリフォームをして、家の耐震性に不安がある場合は、解体工事をして建替して地震に強い家にしましょう 。

1981年以前に建てられた家は旧耐震基準に基づいて作られているため、耐震性が不十分です。

1981年以前に建てられた家である場合は、建替を検討してみてください。

コストで判断する

リフォームか建替かコストで判断する方法もあります。

金銭的に余裕がない場合はリフォームで済ませて、金銭的に余裕がある場合は建替も検討しましょう。

一度リフォームと建替の両方を検討して、総額を把握してから比較して検討してみましょう。

リフォーム費用が建替費用の70%を超える場合は、建替をおすすめする業者もあります。

家族構成から判断する

リフォームか建替か家族構成で判断する方法もあります。

家族構成が大きく変わり、家の作りを大きく変える必要があるという場合は、リフォームよりも建替が向いています。

例えば「3人家族で生活していたけれど、二世帯で同居して5人で生活することになった」という場合は、大規模な間取りの変更が必要になります。

高齢者と同居する場合は、後々バリアフリーにする必要があると考えられるため、この機会に早い段階から大規模な工事でバリアフリー化しておくというのも手です。

まとめ

このページではリフォームにするか建替にするかについて、どう判断すればいいのか、

判断基準をご紹介しました。

ぜひこのページでご紹介した判断基準を参考にして、リフォームと建替適した方を選んでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました