リフォームとリノベーションとは違うの?それぞれの違いをわかりやすく解説

未分類

お家などを新しくきれいにする方法として「リフォーム」と「リノベーション」の2つの方法があります。

リフォームとリノベーションはどちらも同じようなものに思えますが、詳細にはそれぞれ異なるものとなっています。

「リフォームとリノベーションの違いがよくわからない」という人は多いと思います。

このページではリフォームとリノベーションの違いについて、わかりやすくご説明します。

「リフォームとリノベーションは何が違うのか知りたい」という人は、ぜひこのページを読んでみてください。

リフォームとは?

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築と同じ状態にすることです。

部分的に解体工事をして取り壊してから、新しく作り直します。

壊れている部分を直したり、老朽化している部分を新しくしたり、汚れている部分をきれいにしたりします。

例えば、外装の塗り直し、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがあります。

リノベーションとは?

「リノベーション」とは、建物に大規模な工事をして、住まいの性能を新築の状態よりも向上させることです。

大幅に解体工事をして取り壊してから、新しく作り直します。

お部屋のデザインを良くしたり、間取りを大幅に変更したりします。

例えば、お部屋の空間をよりデザイン性の高いものにする、家族が増えたことに合わせて仕切りをなくしてリビングを広くするといったものがあります。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いについて詳しくご説明します。

工事の規模の違い

リフォームでは小規模で部分的な工事を行いますが、リノベーションでは大規模な工事を行います。

キッチンを変更する、壁紙を貼り替えるといった小規模な工事はリフォームになります。

これに対して、全体的に解体工事をしてから間取りを大幅に変更する、水道管を変更するといった大規模な工事はリノベーションになります。

リノベーションでは全てを解体して躯体構造だけにする「スケルトン工事」をしてから改修を行うこともあります。

住まいの性能の違い

新築の時と同じ状態の性能にする工事はリフォームになります。

これに対して、新築の時以上の性能にする工事はリノベーションになります。

リノベーションでは、断熱工事をしたり、採光を考えて家の作りを変えたり、耐震を強化したりしてお家の性能を大きく向上させることが可能です。

まとめ

このページではリフォームとリノベーションの違いについてご説明しました。

リフォームとリノベーションはどちらも同じようなものに思えますが、詳細にはそれぞれ異なるものです。

リフォームでは小規模で部分的な工事を行いますが、リノベーションでは大規模な工事を行います。 お家を部分的に新しくしたいという場合はリフォームをして、お家を大幅に変更したいという場合はリノベーションをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました