リフォームと建替どっちにするべき?それぞれの特徴をご紹介

未分類

お家が老朽化してきたら「リフォーム」や「建替」をすることでお家を新しくきれいにできます。

しかし建替とリフォームのどちらにしようか迷う人も多いと思います。

そこで、このページではリフォームと建替それぞれの特徴についてご説明します。

リフォームと建替それぞれの特徴について知りたい人は、ぜひチェックしてみてください。

リフォームの特徴

リフォームでは建物の基礎はそのまま残して、部分的に解体工事をして改築、修繕、増築を行います。

「外観を新しくする」「内装を新しくする」というように場所を限定して行います。

部分的に工事をすることになるため、建替と比べて費用を安く抑えることが可能です。

リフォームでは間取りの変更をする場合も小さな規模のもので、間取りの変更をしない場合もあります。

リフォームで間取りや内装を大きく変える場合もありますが、大きく変えるような場合は「大規模リフォーム」や「リノベーション」などと呼ばれ、通常のリフォームとは区別されています。

建替の特徴

建替では建物の基礎から解体工事で取り壊して、再び新たに建物を建築します。

元の家をすべて取り壊し、一から家を建て直すことになるため、リフォームと比べて費用は高額です。

しかし費用が高額である分、建替をすることで外観から内装まで家をすべて一新することができます。

家の間取りを大きく変えたいという場合は建替が最適です。

一から家を建て直すため、建築方法や材質も制限されることがなく、最新の建築技術を取り入れることもでき、理想の家を建てることが可能です。

部分的に新しくしたいならリフォーム、一新したいなら建替

家の中で部分的に新しくしたい場所がある場合は、リフォームがおすすめです。

リフォームであれば建替と比べて安い費用で済みます。

家を一新したい場合や、新しくしたい場所がたくさんある場合は、建替がおすすめです。

建替であれば費用は高額ですが、多くの要望を叶えることができます。

まとめ

このページでは、リフォームと建替それぞれの特徴についてご説明しました。

古くなったお家は「リフォーム」や「建替」をすることで、新しくきれいにできます。

建替とリフォームではそれぞれ特徴が異なり、どちらが適しているかはお家やその人の要望によって異なります。 リフォームと建替それぞれの特徴について知った上で、理想が実現できる方法でお家をきれいにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました